たとなてかない

『た』い『と』る『な』ん『て』おもいつ『かない』という意味です。内容はフィクションですよ。

そろそろ冷やし中華の季節です

お題「この季節になると食べる(食べたくなる)ものは、何ですか?」

蒸してくると冷やし中華が食べたくなります。昔は6月くらいの感覚だったのに。

冷たい麺と酸っぱいタレ。千切りのキュウリにハム、錦糸卵、くし切りのトマトにツナ。

マヨや辛子をつけると美味しさ倍増ですね。

最近、醤油ベースの酸っぱいタレと、ゴマダレがわたしの中でせめぎ合っています。なんにでもゴマをかける女としてはゴマダレのまったりさを取りたい。

でも暑さにはさっぱり酸っぱい醤油ダレがほしい。

というわけで、醤油タレを最初少なめにかけて食べ、無くなったらゴマダレ追加という感じにしています。

乗せる具はやる気がある時は錦糸卵とかを焼きますが、疲れてる時はゆで卵。最近は目玉焼きでもいいんじゃないかと思います。

キュウリの千切りは、最近どっかで見た桂剥き方式を採用。これ便利ですね。簡単に千切りが作れる。

シソがプランターにはびこる頃ですからシソも刻んで入れるとめっちゃ爽やかです。

とはいえ、作る時は茹でるから暑いんですよね、冷やし中華

そんなときにはシマダヤの流水麺。暑いときには手間を抜くのも大事です。

個人的に気になってるのは梅だれ。梅干しを叩いて梅肉にしといて、それをタレにする。

酸っぱいものも好きなんでこれも美味しそうです。

食べる時はまず麺とタレで行きますね。タレに絡めてずずーっと麺をすする。冷たくて最高。

そこに錦糸卵とかツナとか、タレとマッチするタイプの具を追加していきます。キュウリは箸休め的な感じです。今思ったけどキュウリに梅肉和えとけば美味しそうですね。

そんでもってハムと麺を一緒にして食べていきます。冷やし中華は千切りの具を麺と一緒に食べられるのが楽しい。

野菜不足ならいっそ豚しゃぶとかサラダと一緒にしちゃう手もあります。下にちぎったサラダ菜をたっぷり置いて、麺を乗せ、キュウリ、トマト、茹でて小さく切ったブロッコリー、もやしなんかをトッピング。シソとかパクチーとかも盛りたいですね。

上から豚しゃぶを乗せてタレを掛け回せばスタミナ冷やし中華です。ワンボウルで済むから洗い物も楽。もちろん麺を茹でた湯で豚肉も料理します。

そんなだらしないことは出来ないという人は、豚肉を茹でた湯でスープ作るといいです。ちょっと醤油垂らして出汁の素放り込んでネギ入れればスープ。わたしは翌日の朝に食べるスープにしてます。

なにはともあれうっとうしい季節になっていきます。はやく寒くなって欲しいですね。

1記事ゼロ文字百円です。もしよかったらクリックお願いします。

この続きはcodocで購入